<$BlogRSDUrl$>

2008/01/10

[ArM] A Kind of Wikipedia for Ars Magica 

 Ars Magica Mailing Listで今年に入って一番活発に話されている話題は、「Ars Magicaに関するWikipediaみたいなencyclopediaを作って、様々なサプリの情報とかを集約したら便利じゃない?」という話題。
 勿論、Atlas Gamesの出版物を丸々引用するのは著作権的に問題がある訳で、「○○なことをするのはまずいはず。しかし私は法律家じゃないし。」みたいな感じの書き込みが多かった。
 1/9になってようやくDavid Chartが書き込みを行い、John Nephew(Atlasの社長)も召喚されつつあるようだ。
 言っている事は非常に当たり前の事で、

 収益を得るな、というのは割と厳しく守らせるつもりらしく、「Ars Magica関係のwebpageに広告で収入」というのも駄目らしい。まぁこのblogとかadsense広告とか入ってないからそこは問題無いのだが。
 コミケ同人誌でArs Magica本とか、そういうこと言われると作りにくくて困っちゃうよな、みたいな話はある。世の中には儲かっている同人誌もあるんだろうけど、Ars Magica本とかきっと儲かるほど売れないというか在庫抱えて赤字になるに決まっているというか、どうせ売値≒印刷製本代にしかならない(いままで作った同人誌はそう)とか。まぁPDFをwebsiteで公開するので最近は充分ではあるのだろうな。

 で、興味深いのが、PDF版に対するDavid Chartの意見。
Not a public one, so far as I know. It wasn't a very quiet experiment, though -- it was the release of the ArM4 PDF.
Still, what it comes down to is: we tried it, it had a serious negative effect on sales, and we are thus not inclined to try it again unless we have a purpose other than increasing sales of that book in mind.

---
追記:2008/1/10
記事内容を訂正。その後の議論から見るに、売れ行きが悪くなったのは、ArM4 PDFの為に、ArM4が売れなくなった、ということらしい。
但し、時期的には同じ頃にArM5への版上げの発表があったりなどで、そりゃArM4の買い控えも起きるわな。

Labels:


Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?