<$BlogRSDUrl$>

2007/06/23

[Movie] Valley of the Wolves: IRAQ 

Kurtlar vadisi - Irak @ IMDB
イラク -- 狼の谷 -- @ シネマトゥディ

 映画「イラク -- 狼の谷 --」を見ました。トルコで観客動員数一位の反米アクション大作、ということで観に行ったのですが、実は予想外に良いアクション映画でした。こういったマイナー作品も観れるのは東京に住んでいるからだよなぁ、と改めて実感したり。上映は銀座シネパトス単館のようです。

 この映画で扱われているのは、イラク北部のトルコ・アラブ・クルド問題に介入する米国の話。
 2003年、イラク北部のクルド人自治区で同盟国の米軍が突如トルコ指令部を襲撃しトルコ兵を連行。そのとき連行された将校が、元トルコ秘密諜報部員のポラットに手紙を送り自殺。ポラットは復讐の為、作戦指揮官のいるイラクへと向かう。対立する中で、ポラックは作戦指揮官の更なる悪事を知り...。

 この映画は「反米的なものは拒否」という人 --- まぁそういう人いるよね --- には勧めない。
 当然の如くアブグレイブ収容所の米軍による捕虜虐待の件も扱われているし、この映画では米国人は正義感のかけらも無い悪役 --- いや、正義感ある米国人も出てくるのだが、正義感故に早々に身内に殺されてしまうのだ --- の反面、ムスリムの導師が「テロの報復の連鎖はムスリムの教えに無い」と非常に理性的(当たり前の意見なんだけどね)に描かれていたりなど。多分に政治的というか、ムスリム側視点から見た米国像があり、それは「ムスリム=テロリスト」扱いなハリウッド映画の裏返しみたいなもので、仕方が無いのだろうなぁ。
 実のところトルコは政教分離が割と徹底していて、我々観光客には過ごしやすい国だったんですが、こういう映画が流行るというのは、最近はそれなりに不満を抱えているのかなぁ。
 
 で、ですね、政治的な話はさておき、アクション映画としてみると、非常に良い出来です。Shadowrunとか遊ぶ人には割とお薦め。4人組のランナーを狩り出そうとするKnight Errantの兵士集団とか、「重力が衰える時」風のイスラム風セッティングとか、あるいはRPGやHMGを市街戦でどう使うかとか。平均的なハリウッド映画よりもそういった戦闘シーン描写は良く描けているんじゃなかろうか。なんというか、Shadowrunnerの身の丈に有った戦闘シーンという感じなんですね。主人公側が強すぎもせず弱すぎもせず。
 という訳で、政治的に抵抗があまりないならば、お薦め度は高いです。PG-12なんで子供は駄目だが。

Labels:


Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?