<$BlogRSDUrl$>

2006/06/11

[SR4] Make a Team for Shadowrunning 

Shadowrun 4th Editionの解説記事の続き。

● シナリオクリアに必要な要素

 シナリオクリアに際して必要なPCの能力について考えてみましょう。

 戦闘は概ね2つに分けられます。細かく言うと車両戦闘などもあり得るのですが、発生頻度を考えると無視していいでしょう。
 通常武器戦闘というのは、銃器(Rifle以下)や飛び道具あるいは手持ち武器を用いた戦闘です。戦闘の無いShadowrunのシナリオはほとんど無いので、パーティに必須技能と思われます。なお、攻撃呪文の投射能力はここに分類しても良いようなものです。一方で対多数攻撃手段としては範囲攻撃呪文以外に手榴弾とかを使えば良い訳ですが。また、戦闘能力という意味では行動回数(initiative pass)の値も重要です。
 対Spirit戦闘は、普通のサイバーパンクには無いShadowrun独特の要素です。魔法使いが召喚使役するSpiritには、呪文あるいは魔法の武器 (weapon foci) あるいは adept の killing hand の能力以外はダメージを与えるのが難しいという特徴があります。(2版の頃は手持ち武器で殴ればある程度なんとかなりましたが、3版以降は厳しい。)
 重火器は、Heavy Weapon, Gunneryの技能を用いる、特にダメージの大きい武器です。車両など装甲物への攻撃や対Spirit戦闘で強引にダメージを与えるのに有効です。が、入手が困難だったり目立つなどの制約もあります。必ず必須という訳では無く、あれば安心という感じの技能でしょうか。また特に筋力の高いTrollの持つ弓は実質的に重火器みたいなものだったりもしますが。
 戦闘に関しては、回避 (dodge) という技能もあります。撃たれた時に full defense 宣言すれば次の行動を前借りして full defense で dodge を足せます。回避ばかりしていてもどうか、という気もしますが、撃つより撃たれない事の方が重要な状況もあるでしょう。

 魔法能力は呪文と召喚に大別出来るでしょう。
 呪文に関しては、どの程度強力な (forceの高い) 呪文を唱えられる (spellcasting) か、呪文のレパートリーがどの程度あるか、がポイントとなります。D&Dなどとは違って、一人の魔法使いが攻撃呪文も治療呪文も全て唱えられます。他には儀式呪文 (ritual spellcasting) や呪文防御 (counterspelling) も含まれます。ritual は探知系呪文などでは重要です。魔法使い自身の攻撃手段として攻撃呪文を持っておく(出来れば異なる種類で)べきとは思いますが、読心や精神操作、飛行呪文、幻覚や幻影(TVカメラも騙せる)などなど、使い方次第で有用な呪文があります。
 召喚は、Spiritを召喚してその場で使役する (conjuring) 、束縛して高度なサービスを行わせる (binding) 、存在するSpiritを送還する (banishing) の3つがあります。3版まではHermetic/Shamanicのtraditionにはルール的な差異がありましたが、4版からは呼べるSpiritがtradition毎に違う(カスタマイズ可能)だけで、ルール的にはほとんど同じ扱いになりました。これは将来のルール拡張性を鑑みてtraditionを単なるフレーバー的なものにしたという事みたいです。

 情報収集は、大別すると3つに分けられるでしょう。
 いかにもサイバーパンク的というのが、Matrixから電子的に情報を収集するHackingです。端末を用いて行うHackerの他に、自分の感応能力でMatrixへアクセスするTechnomancerというアーキタイプもあります。情報収集以外に情報の書き換えや突入部隊の支援(セキュリティ機器の無効化)なども実際には担当する事になります。
 対してShadowrun独特なのが、魔法使いが精神をアストラル空間へ飛ばして情報収集するアストラル偵察というものです。魔法的障壁や生物以外の障壁を透過可能なため戦術偵察として有用ですが、必然的に魔法使いだけの行動となるというリスクもあります。
 最後に情報収集の基本は、聞き込みです。PCはキャラメイク時にコネ (contact) をポイントを払って取得します。Contactは、事情通のバーテンダーかもしれませんし、仕事や故買品を手配してくれる fixer かもしれませんし、魔法関係の呪物を扱う talismonger かもしれません。Contact は本人の知識で即答してくれる場合もあるし、関係者へそれとなく聞き込みをして情報を集めてくれたりします。優秀なcontactはその両方の能力が高いのですが、忙しくてすぐには会えない可能性もあるという難点もあります。

 他にあると便利な技能を幾つか。
 車両運転の技能は、あまり必要になった記憶はありませんが、GMによっては必要となる事もあるでしょう。一方で単に逃走用を考えているだけならRiggerのContactでいいじゃんとも思う。
 Electronics関係の技能は、Matrixに頼らず保安機器を回避する手段としてあると便利です。
 交渉系技能はあれば便利という感じでしょうか。3版まではPCの Etiquette の技能で得られる情報の質/量が変わったので高い値が必要だったのですが、4版からはContactのRatingが高いことが重要になりEtiquetteの値は関係無くなった、というのは割と大きな変更点です。
 Data Searchの技能があれば、Contactの聞き込みと同様の調査がネット上で自分で行えます。Occult Investigatorのアーキタイプが技能と端末を持っているので参考にするのも良いでしょう。

 なお、低レベル(3までならキャラ作成時に入手可能)の技能であれば、skillwire のサイバーウェアで代用出来る事も覚えておくと良いでしょう。

 以上を組み合わせてパーティを組み合わせれば良いのだが。アーキタイプで最小構成を考えると、Hacker + Radical Eco-Shaman + Street Samurai とかかなぁ。
 Technomancer は詳しく解析してないので判りませんが、Hacker の方が有利げに思えるのだが自信無し。魔法使い系で、Combat Mageは召喚系が無いのが難点。Eco-Shamanはちょっと呪文を取り直すといいかも。Street Shamanは精神系能力値がちょっと低いのでやめました。戦闘系は、能力値や技能を考え無難にStreet Samuraiを選びましたが、他でもいいでしょう。
 4人なら戦闘系をもう一人追加したいですね。6人ぐらいいると役割分担した魔法使いを2人とかでも良いかもしれません。
 SR4 : Hacking Exampleの記事には、Hacker + Face + Gunslinger Adept + Radical Eco Shamanの例が載っています。SR4では振るダイスの数が全てというところがあるんで、ダイス数を増やせるadeptが実は強いような気もします。例えばHacking adeptとか色々と駄目駄目な考えも浮かぶ...。

Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?