<$BlogRSDUrl$>

2006/03/30

[Books] Books for studying translation 

 文芸翻訳をする自分というのは今ひとつ想像出来ない --- 理工学書とか理系の論文とかあまり苦にならないのだが、英語の小説読むの非常に苦手だし --- のではあるが、この手の語学関係の本はつい買ってしまうのだよなぁ。珍しく最近2冊買ったので紹介。

 大森望の「特盛!SF翻訳講座」(研究社)は、まぁ大森望だから買ったみたいなところが。業界裏話的なところを楽しむ本と言えるが、あまり英語という意味では勉強にはならないかも。

 柴田元幸の「翻訳教室」(新書館)は、彼が村上春樹と共著で出していた「翻訳夜話」(文春新書)を以前読んだ事があって手に取った本なのだが、いや、面白くて有益な本でした。お薦め。
 東大文学部の学部の演習(3,4年向け)で行われた、翻訳の授業の授業を本にしたものなんだが、なるほど文芸翻訳というのはこういうものなのか、と思ったり。
 代名詞をどう訳すかとか語順は出来るだけ変えないとかのごく一般的な知識から、ニュアンスを汲み取って訳すようなもうちょっと程度の高い話とかまで。確かにここまでやれば文学部の英語の授業なのかもしれんなぁ、と思った --- いや、文学部って良く知らないのだけど。
 実のところ、単に私に知識が無かっただけで翻訳学校とかでは普通に教えているような話なのかもしれないのだが、この本は普通に理系出身者の受けた英語教育だと知らないような話に満ちていて、大変に興味深く読めた。

 ところで海外RPGの翻訳に関して言うと...うーむ、玉石混交という感じだよね。まぁ文章の性格上、文芸作品というよりは技術書みたいに翻訳すればいいのだとは思うんだが。TORGの誤訳を思うと、D&Dとか随分ましだよなぁ、と思ったり。

Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?