<$BlogRSDUrl$>

2005/07/04

[RPG] Coup de Grace 

 古来よりの有名な問題である「首ナイフ」についてRPG日本などで最近議論されている訳ですが、銅大さんのコラムにもRPG今昔物語:『人質救出作戦』が。
 
なぜこのような問題が発生したのか?
 それは、人質を救出する手段を、プレイヤー側が持たなかったためである。
 敵であれば、倒すか逃げればいい。
 罠であれば、解除するか避ければいい。
 だが、人質を取られた場合、プレイヤーにはどうしようもないのである。
 「自分達ではどうしようもない」という状況ほど、プレイヤーにとって腹立たしい事は他にない。
 人質を救出する方法はどこかにある(GMが決めている)のかも知れないが、事前に知らされていないのであればそれはないのと同じである。
 目の前で人質にナイフを突きつけられてから、救出方法を考えても遅いのだ。


と書かれていて、まぁD&Dにおいてはそういうことだよなぁ。
 この辺、天羅とか深淵とかだと、「人質を救出する方法はどこにもない」という、2つのバッドエンドからどちらを選ぶか決めるみたいなシナリオもあるよなぁ、とか思ったり。

 ま、それはそれとして、最後にちゃんとオチが付いているあたりの文章のうまさはさすがだよな。

Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?