<$BlogRSDUrl$>

2004/10/28

[D&D] Against the Rules-as-Written 

How far would you go against the RAW to promote creativity? @ EN World Forum

 どの程度RAW (Rules-As-Written; 字句通りのルール)に従うか、という投票と議論。

 9割以上の人が、面白くなるならばRAWはちょっと位ならば曲げてもいい、と考えている様子だ。平均的な日本のD&Derの印象とはちょっと違うかなぁ、とも思う。

 私自身はどっちかというとあまりRAWから外れないマスタリングをしたいと思っている --- 結構間違えて適用しちゃったりすることもあるけど。でもそれはルールを守りたいというよりは、結局ルールの精神のようなものを気にしているのかも、とも思う。
 例えば、1Lv呪文なのにあまりに便利すぎるのはまずい --- それ故に、true strike at willな武器は作成を認めない、とか。
 私はコンベンションDMじゃないので、ルールの字句よりは、公平感と整合性を大事にしていきたいなぁ、と思う。それらが達成される範囲で、PLの創意工夫は尊重したいなぁ。
 

Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?