<$BlogRSDUrl$>

2004/08/18

[AMC2004] Making Scenario after PC Generation 

キャラクター登録システム @ AMC2004

 「先にPCがあれば、そのPCが活躍出来るようなシナリオをDMとして用意出来る」というコンセプトの元に、PL側から先に「こんなPCで参加したい」と提案する仕組み、というのが今年のAMCの新機軸として打ち出されている様子。
 非常に興味深い試みだと思います。

 上記のことは、仲間内のキャンペーンとかであれば多くのDMが当然のように行っていることだとは思う。が、それをコンベンションで行うというのは(もしかしたら困難なのかもしれないが)是非成功して欲しいなぁと思ったり。

 以下はここ数年、知人(TRPGerかつMMORPGer)とかと話していて考えていること。

 PCに合わせてシナリオをカスタマイズ可能であるというのは、*PLの立場としては*、MMORPGに無い魅力だと思う。
 DMとしてTRPGをする立場としては、DM出来るというだけで、TRPGにはMMORPGに代え難い魅力があると思う。
 一方で、PLだけする人にとっては、MMORPGの魅力がTRPGに追いつきつつあるのではないかなぁと昨今思う。で、TRPGで無くては難しい事柄の一つが、personalization --- 個々のPCの設定に合わせてDMがシナリオ/ストーリーをカスタマイズ可能だ --- ということなのではないかなぁ、と思ったり。

#他にも「CRPGでは実装不可能なほどの複雑なルールや状況 --- 例えばd20のルールを完全に全部適用なんてのは、CRPGとして実装するのは非常に困難だろう」「熱い台詞を語って気合を稼ぐ類いのゲーム」「PL側からストーリー展開に介入する類いのゲーム --- 深淵の夢歩きとかEverwayとか、そういう遊び方だと思うのだが」などなど、TRPGでしか出来ないことは多いと思うが。

 そんな訳で、AMCの今回の試みは、TRPGのTRPGにしかない良さを象徴しているのかなぁ、と思ったり。

Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?