<$BlogRSDUrl$>

2004/04/04

[d20] Signs & Portents March 2004 

 Signs & Portents というのは、Mongoose PublishingのRPG雑誌で、無論Mongoose製品(Babylon 5 RPGとか)のサポート記事が載っています。
 Dragon, Dungeonよりは愚かしいが、漫画はDragon, Dungeonの方が良いなぁ。

 March 2004の号は、怪しげな飛行機械を夢想するヴィクトリアン風のエルフ女性のイラストが表紙。MongooseはOGLのSteampunk製品を出すらしいですね。楽しげではあるが、d20ならEberronで良いような気がするし、ヴィクトリアンといえばForotten Futuresも捨てがたいし、あるいは友人の作った非数値型RPGのAct with Tarot : Steam Britainでも良いしなぁ。買うとしても遊ぶかどうかは謎。

 101 Uses For An Immovable Rodという記事は、例のあのマジックアイテムの使い方を101個紹介しよう、という記事(の前編)。確かに上手に使うと面白いが、これが2本で10,000gpという価格を考えると、これを2本セットで買える頃にはlevitateのpotionを何本も買えるしなぁ。
 どっちかというと、DMは低レベルパーティに何本か与えて、低レベルパーティがいかにそれを駆使して遊ぶかを眺めるためのアイテムなのかなぁ、と思う。次のキャンペーンとかで機会があれば是非とも楽しませてもらおうか知らん、とか。

 

Comments: Post a Comment

Links to this post:

<\$BlogItemBacklinkCreate\$>

This page is powered by Blogger. Isn't yours?